スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去のデジカメ その7 CASIO Exlim Card EX-S770

EXLIM1

7台目でコンパクト・デジカメ(コンデジ)に戻ってきました。

これは決してキスデジXでデジタル一眼レフ(デジイチ)に愛想を尽かしたワケではありません。

長男の息子がホームステイにアメリカ・カルフォルニアへ2週間行く事になり、軽くて薄くて携帯性に優れたデジカメを持たせようと思ったからです。

どうせ小5の息子が使うのだから安いのでいいや、と思って通販で購入しました。

で、イメージなんですが、薄いデジカメと言えばやっぱりCasio Exlim Cardでしょう!?
(薄いカード系のデジカメの先駆的な存在ですよね!)

購入した動機なんてそんなもんです。

WXLIM2

NTT-X Storeで一緒に専用ケースとネックストラップと保護フィルムと1GBのSDカードも買いました。
全部で2万円で収まったような・・・。一昨年の10月頃のお話。

約720万画素のコンデジで今まで使用してきたものからすればとても小さくて良かったんですが、液晶は2.7インチ(過去最大)で23万画素と普通の感じですが、撮った感じがあんまりキレイではなかったですね。そんなだから私には正直あんまり印象がない・・・。
っていうか、あんまり使用してないです。(汗)

コストパフォーマンス的にはとっても優れていると思いましたが、液晶の出来がよくなかったんですよ、わたし的に。それと最初はクレードル経由でバッテリー充電やらパソコンに転送が出来て便利かなぁ、と思いましたが、ず~っとクレードルをパソコンに付けっぱなしは正直邪魔でした。

そして後悔の念がひとつ。
新品で失くさないようにとネックストラップを付けさせたのが間違いだったかも・・・。
なぜならば息子は首にかけているので色んなトコにデジカメをぶつけるんですね・・・。(汗)あんまり慣れてないし、意識してないし。
帰国したときには本体スリ傷だらけ。

ま、これは長男にそのままあげましたけど。

ただ携帯性に優れるコンデジにとっても魅力を感じました。

もうちょっとキレイに撮れれば・・・とは思いましたけど。

当時もまだまだ画素数の問題だと思ってました。

そんな風に思っているうちに7台目にいっちゃうコトになります・・・。


スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://hitoriyo.blog105.fc2.com/tb.php/24-a57cfced

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

一人よがり

Author:一人よがり
40歳をこえた戌年の3人の子供の父。

カメラ使用機器
・Canon EOS5D Mark2
・Canon EOS7D
・PANASONIC DMC-LX5
レンズ
・EF17-40mm F4L USM
・EF24-105mm F4L IS USM
・EF70-200mm F4L IS USM
・EF35mm F2
・EF50mm F1.8 II
・EF85mm F1.8 USM
・SP AF90mm F/2.8 Di MACRO
・APO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM
・APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
・50mm F1.4 EX DG HSM

Mac環境
・iMac MC510J/A
 (27-inch,Mid2010)
 SSD256GB+HDD3TB
 Mem12GB
・MacBookPro MC723J/A
 (15-inch,Early2011)
 SSD256GB+HDD1TB
 Mem8GB
・MacBookAir MC969J/A
  (11-inch,Mid2011)
 Core i7 1.8GHz
・LED CinemaDisplay24inch
・iPhone3GS 32GB(紛失)
・iPad2 16GB Wifi
・iPhone4S 64GB白
・iPod Touch64GB白

最後に日本ハムファイターズ、大好きです。
毎晩キリンの一番搾りでの晩酌はかかせません。

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。